店長ブログ sarasa

「sarasa(サラサ)」オーナーが綴る日々の記録
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今月の営業について | main | 玉杯 更紗 >>

新商品のご案内


いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ブログの更新をほとんどしておらず、アクセスしてくださっている皆様、本当に申し訳ありません。

今回は、新商品のご案内です!

念願の本水晶グラス冷酒用セット 『玉杯 更紗』(ぎょくはい さらさ) です!
玉杯とは、杯の美称です。玉のように美しい水晶のグラスですから、まさに玉杯そのものですね。

このグラスは、透明度の高い希少な水晶ポイントを一つ一つ手彫りで削りあげた一点ものです。
この作業は、熟練の職人でないと、なかなか難しく、薄く削る工程で、希少な水晶をいくつも割って
しまったそうです。

水晶は、地球誕生と同時期に出来た鉱物。古代の人々は『水晶は神が創造した解けない氷で、大変神聖なもの』
と考えていました。そのため、旅人が口に含み、喉の渇きを癒したとも言われています。

水晶の取れる場所は山岳地帯で、水源の近く。日本酒にも綺麗な水は欠かせません。
清らかな水で繋がった水晶と日本酒。このグラスで呑むと、酒がまろやかになるというのも納得です。
また、水晶の波動が、身体の細胞の波動と共鳴し、心身のバランスを整えると言われています。
そのため、水晶は癒し効果、浄化の効果があると言われています。

そして、このグラスを収納する箱は、檜で作りました。ボトルクーラーとして使います。
蓋を開けるたびに、檜の良い香りに癒され、一日の疲れを忘れさせてくれます。
さらに、蓋には、組子(くみこ)のコースターが格納されています。この蓋だけ壁に飾っても素敵です。
組子は、日本に昔から伝わる建具の技術で、これを作ったのは、福島県で内閣総理大臣賞を受賞された
一流の建具職人さんです。
コースターの柄は、“麻の葉”文様とといい、麻のようにまっすぐ元気に育つようにと願って、昔から
赤ちゃんの産衣に使われてきた縁起の良い柄です。
さらにさらに、このセットは、葛飾北斎の浮世絵などの柄の風呂敷に包んでお渡しいたします。

自分へのご褒美に、大切な方への特別な記念日の贈り物に、日本の伝統を伝えるお土産に、使って楽しむアート
なんて、粋なものです。

全てのものが揃うまで、もうしばらくお待ちください。ただいまご予約受付中です。初販20セットです。
また、自然の水晶を一つ一つ手作りのため、風合いなど、微妙に違っております。
実物を見てお決めいただくのがベストかと存じますが、完成いたしましたら画像をUP予定ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。

商品価格 ¥88,000(税別)

- | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
PROFILE